便秘によるお腹のハリとの見極め方って?

妊娠中のお腹のハリは、流産や早産などの予兆になる事もあり、心配になる方も多いのではないでしょうか。妊娠中は便秘をしやすい状態にあるため、それによってお腹のハリを感じている場合もあります。しかし自分が感じているお腹のハリが便秘によるものなのかどうかは、なかなか判断する事が出来ないですよね。そこで今回はそんな妊婦さんのためにも、妊娠中のお腹のハリと便秘によるハリの違いについて見極め方をくわしくご紹介します。

 

お腹のハリの原因は何?

妊娠中のお腹のハリの主な原因は、子宮の収縮です。子宮は筋肉で出来ているため、刺激を受ける事によって緩んでいる子宮が収縮するのです。この働きが妊婦さんにとっては、お腹のハリと感じるのです。妊娠20週を過ぎると1日に4~5回または7回から8回と言うように、頻繁にお腹のハリを感じる妊婦さんが多いのは、子宮が出産の準備をするために収縮や弛緩を繰り返し行っているためなのです。特に妊婦さんが長い時間同じ姿勢を取ったり、立ち続けたり、家事や運動をした時や、疲れやストレスを感じた際にお腹のハリは生じやすくなっています。これらの妊娠中のお腹のハリは妊娠の生理現象である場合がほとんどで、ハリを感じた際にはしばらく横になって体を休める事でハリが治まるといったケースがほとんどです。

 

便秘によるハリとの違いは?

妊婦さんは便秘になりやすく、それがお腹のハリを起こしている場合もあります。便秘が原因となるお腹のハリは子宮収縮とは違い、横になって休んでもハリが治る事はありません。便秘によるお腹のハリと、子宮収縮によるお腹のハリの違いは、お腹を触り固いかどうかで判断出来るのです。子宮収縮によって起こるお腹のハリは、お腹が固くなり痛みはありません。しかし便秘によるお腹のハリは、お腹は固くはなりません。しかしお腹に痛みが生じ、お腹にハリがあるような膨満感を感じる事があります。中には頑固な便秘になると、子宮の収縮を招いてしまう事もあります。便秘によるお腹のハリを解消するためには、出来るだけ水分を多く摂り、サプリメントなどで食物繊維を積極的に補うようにしましょう。